こころ

将来への不安との付き合い方【不安は小さくできる】

2021-05-13

不安

こんにちは

誰でも、将来に不安を感じる瞬間があります。

離婚すると、不安を感じやすくなることも事実です。

今回は、不安とどうやって付き合うかを考えてみます。

将来への不安との付き合い方

将来への不安を完全に消すことはできません。

このことを前提にした上で「いかに不安を小さくするか」を考えた方が不安を小さくすることにつながります。

不安を数えていたらキリがない

生きていれば、不安はつきものです。

離婚したことで、さらに将来が不安になる気持ちは確かにわかります。

ですが「不安だ」と言い続ければ不安が消えるわけではありません。

いま健康な人でも、事故に遭ったり病気にならない保証はどこにもありません。

お金持ちになればなるほど、お金を失う不安に悩んだり、お金で幸福を感じなくなったり(逆にお金のことで不幸を招いて)悩むことでしょう。

不安を数えていたら、それまで不安に感じなかったことまで不安になるだけで、キリがありません。

不安と向き合う方法

不安を感じないためには、不安との付き合い方が重要になります。

経済的に不安なら、お金がある状態にしていくことで不安が消えます。

精神的に不安なら、気晴らしする習慣をつけたり、ペットを飼ったり熱中できる趣味を持って寂しさを感じないようにする工夫をしたり、パートナーを見つければ不安が減ります。

それ以外にも、不安だと思うことの原因を解決していけば、不安に感じることが無くなっていきます。

道筋が見えなくて不安に思っていたとしても、実際に取り組んでみることで中身がわかったり、解決策が見えてきたりするものです。

このように、不安となっているものを解消すれば、不安はなくなります。

不安と向き合えないから不安?

不安を感じる理由は、不安に向き合うことが難しい状態にあるからです。

不安と向き合うことは、なかなか簡単にはできない場合が多いです(だから不安なまま、ということにもなります)

ですが、きちんと不安を解消しないと、不安に悩まされ続けることになります。

なお、誰かに強制されてどうにかなる可能性は、低いといえます。

自分の意思で解決しようとする意思がないと、解決することはできません。

頭でわかっているのに解決のための行動が取れない場合、環境を変えてしまうのも1つの手です(かなり有効です)


離婚が原因で生活環境が変化しているかも知れませんよね?

これを契機として、これまでできなかったこと・やってみたかったことをやってみましょう。

将来に希望が持てて気分も紛れるのでとても良いです。

ショックを引きずったまま何もしないでいても、その地点から抜け出すことはできません。

不安をすべて消すことはできませんが、不安を小さくしていくことはできます。

まとめ 不安を小さくすることはできる

「この先どうなるんだろう?」と思うくらい、心細い状態にあれば、不安を感じないことはありません。

ですが、大丈夫です。

「ずっと同じ状態のまま」という人は、この世に1人もいません。

不安と向き合い、不安を解決していけば、不安は小さくなります。

何かを始めてみることで、現実は確実に変わっていきます。

大丈夫ですよ!

-こころ
-,

© 2021 人生やり直しブログ Powered by AFFINGER5